喫煙と飲酒

タバコ
薄毛の改善を難しくする、薄毛を進行させてしまうものの一つとして、喫煙や飲酒があげられます。
特に喫煙は、薄毛に影響があるだけでなく、体の多くの場所に影響を与えることになります。
 
また、喫煙する際の副流煙により、喫煙している本人だけでなく、まわりにいる人までたばこの煙を吸ってしまうことになるのです。
現在は、喫煙できる場所が限られている場所が多くなり、たばこが好きな人にとっては、喫煙場所を探すことが大変になったのではないでしょうか。
しかし、まわりの人に与える影響をしっかりと考え、やはりルールを守って喫煙を楽しむということが大切です。
 
喫煙をするかどうかは本人の自由ですが、喫煙は体中の血行を悪くし、頭皮の血流の状態も悪くなります。
継続的に喫煙していると、健康的な髪の毛をつくることが難しくなる可能性もあり、薄毛を引き起こし、進行させてしまうと考えられます。
 
また、男性でも女性でも、お酒が好きな人はとてもたくさんいますが、飲酒も薄毛を引き起こしてしまうことや、薄毛を進行させてしまうことがあります。
体内に入ったお酒を分解するために、体の栄養素を使ってしまい、髪の毛で使用する栄養素が足りなくなってしまうことが考えられるからです。
 
喫煙も飲酒も、少しの量を楽しむくらいならば良いですが、過剰な喫煙や飲酒は薄毛だけでなく、体調不良や病気へとつながります。
また、まわりの人に勧められて仕方なく、という喫煙や飲酒はストレスを解消するどころか、反対にストレスになってしまうので、断る勇気も必要です。

このページの先頭へ