AGA治療費用CAFE TOP > AGA治療について > 薬を使って薄毛を治す

薬を使って薄毛を治す

錠剤の薬
AGA治療で使用する薬は、基本的に飲み薬と塗り薬を利用します。
多くの場合、飲み薬と塗り薬を併用して使用することになります。
飲み薬、塗り薬はそれぞれ効果が違うものであり、それを同時に使用することによって、発毛や育毛をより効果的に促す効果があります。
 
しかし、AGA治療のための薬を利用することによって、副作用があらわれる場合もあり、人によっては、副作用が大きく出てしまって困るという場合もあるようです。
副作用が気になる場合は、我慢するのではなく、きちんと病院で相談することが大切です。
特に、これから子どもが欲しいと考えている人は、副作用によって子作りに影響を与えるような場合もあるようなので、慎重に使用する必要があると言えるでしょう。
 
薬を使用して薄毛治療をおこなう場合、すぐに効果を実感できるのではなく、ある程度長い期間使用し続けることによって効果を実感することができるようになります。
そして、基本的に薬の使用をやめると、また薄毛や抜け毛が進行していくことになります。
ですから、薬を使ってのAGA治療は、安全で簡単であると言えますが、長い期間、薬を使い続ける必要があると言えます。
 
また、まったく毛が無くなってしまった場所には、薬を使っても髪の毛が生えてくることはあまり期待できない場合もあります。
やはり自己判断で薬を使用したりするのではなく、きちんと病院で相談しながら薬の使用を考えるべきであると言えるでしょう。

このページの先頭へ