AGA治療費用CAFE TOP > 薄毛と生活習慣 > AGAの原因は男性ホルモン

AGAの原因は男性ホルモン

現在、とてもよく耳にするAGAという言葉ですが、AGAである人は主に男性が多く、若い人から年齢を重ねた人まで、幅広い年齢層の人がAGAであると言われています。
AGAは男性ホルモンと深く関係しているため、AGAで薄毛になる人は男性がとても多いのです。
しかし、男性でも薄毛になる人とならない人がおり、それはやはり個人差である場合や、遺伝である場合が多くあります。
自分の親や祖父母が薄毛であるという場合は、自分も薄毛になる可能性はとても高くなってしまうと言えるでしょう。
 
自分の家系がAGAであると分かれば、早めに治療を開始することが可能であり、AGAが進行してしまう前に治療を始めれば、薄毛を気にすることなく毎日を過ごすことができる可能性が高くなります。
AGA治療は、かなり進行してしまった薄毛に対してはあまりしっかりとした効果を得ることができないかもしれませんが、早い段階の薄毛に対しては素晴らしい効果を発揮することが分かっています。
自分がAGAである可能性が少しでもあれば、早めに対策を立てておくことも可能であると言えるでしょう。
 
また、毎日の生活習慣や、ストレスの多さによっては、薄毛を急激に進行させてしまうという場合もあります。
乱れた生活習慣やストレスの多い生活は、薄毛だけでなく、体調不良や病気を引き起こしてしまう可能性も高くなりますので、できるだけ規則正しい生活習慣、ストレスの解消を心がけることが大切です。

このページの先頭へ